PC 組み立て


2008/11/20

今回は、もう一台自作した画像処理専用のパソコンではなく

一般使用のパソコンの組み立てです。

以前、組み立てた古くなったパソコンを分解して新しいパソコンを組み立てました。

まずは旧パソコンの中のデーター類を抜き出しておきます。

まずIEのお気に入り。OEの住所録、アカウント、メールデーターを抜き出ししました。

後は写真データーとかHPのデーターとか、いろいろなデーターを抜き出して

DVDに焼き、なくなるといけないのでCFカードにも焼いておきました。

次に新しいマザーボードにCPUとCPUファンを取り付けその後

2Gのメモリーを2枚挿しました。

マザー基板を組み立てる時は静電気には注意して行いました。

接点も触らないようにしないと接点不良が起きたりしますのでこの点も注意しました。

次に旧パソコンの分解です。旧マザーと電源とHDDをはずししました。

中の埃を掃除した後新しいマザーボードを取り付けます。

次に新しい手持ちの450WのATX電源を取り付けました。

取り付けたマザーボードに電源線とかパワー、リセットスイッチ類、

各種LED類、シャーシーファン、各種ドライブの配線を行いました。

新しい手持ちのSATA接続のHDD(640G)を取り付け配線しました。

そして電源を入れました。

FANは回っているか、LED類はちゃんと点灯するか見て動作していることを確認しました。

次にBIOSの設定です。

BIOSを立ち上げて時間を設定したりBoot Deviceの順番を入れ替えたり

OnboardVGAの設定, Power OFFボタンの設定とかいじりました。

BIOSをSAVEした後、次にWinndowsXPproのインストールです。

WinndowsXPproのインストールディスクをDVDドライブに入れ電源を立ち上げます。

まずはインストールするHDDをフォーマットするのですけど今回手持ちのHDDは

640Gの容量なのでCドライブに40GでDドライブに600Gを割り当てパーテーションを切ってフォーマットします。

40Gのフォーマットは早く終わるのですけど、あとで行った600Gのフォーマットは1時間以上かかりました。

そしてCドライブにWinndowsXPproをインストールしました。画面にしたがってインストールしていきます。

インストールが終わったら次にマザー基板に載っているチップセットUSB、1394、LANその他の

ハードウェアーのドライバーをインストールします。

次にIEを立ち上げnetにつながるようにします。ウイルスバスターをインストールします。

トレンドマクロにつないで認証した後、新しいパターンファイルを拾って組み込みます。

次にMicrosoftにつないでWindowsをUPデートします、

これには少しづつインストールするたびに何回も電源の再立ち上げを

行いました、最後にSP3にアップデートして終わりました。

各種ソフトウェアーをインストールしてようやく さくさく動くようになりました。

今回は中古部品と在庫部品を使いながら最新マシーン仕上げたので約37,000円で出来上がりました。

CPU Core2Duo 2.66GHz

Memory 3GB RAM

HDD 3.5inch 640GB SATA

DVD 2drive

Windows XPpro


ホーム