北海道写真(13)

動物(2009.2.27〜2009.3.1)

写真をクリックすれば拡大されます。

シマフクロウ;撮影場所 羅臼 Nikon D3 /AF VR ED80〜400mm/f4.5〜5.6

オオワシ:撮影場所 羅臼 Nikon D3 /AF-S ED600mm/f4 D

オジロワシ:撮影場所 羅臼 Nikon D3 /AF-S ED600mm/f4 D

タンチョウ:撮影場所 鶴居 Nikon D3 /AF-S ED600mm/f4 D

エゾフクロウ:撮影場所 標茶町北部 Nikon D300,D3 /AF-S ED600mm/f4 D

エゾフクロウ:撮影場所 標茶町東部 Nikon D3 /AF-S ED600mm/f4 D


和名:シマフクロウ(島梟) (フクロウ科)
英名:Blakiston's Fish Owl 学名:Ketupa blakistoni blakistoni
絶滅危惧TA類(CR) 体長:約71cm 翼長:約170〜180cm
道央、道東に約120羽生息
世界的にも極東地域と中国の一部、サハリン、国後、択捉に生息する。

和名:オオワシ(大鷲) (ワシタカ科)
英名:Steller's Sea Eagle 学名:Haliaeetus pelagicus pelagicus
絶滅危惧U類(VU) 体長:雄約88cm 雌102cm 翼長:220〜245cm
北海道、東北に年によって1000羽以上冬鳥として飛来し越冬する。


和名:オジロワシ(尾白鷲) (ワシタカ科)
英名:White-tailed Eagle 学名:Haliaeetus albicilla
絶滅危惧TB類(EN) 体長:約95cm 翼長:約180〜230cm
ユーラシア大陸北部に広範に分布。日本では冬に北海道を中心とした北日本に渡来し、
一部は北海道に留鳥として留まり、夏には繁殖する。
冬に北海道を中心に各地に渡来するのは数百羽程度である。


和名:タンチョウ(丹頂) (ツル科)
英名:Red-crowned Crane 学名:Grus japonensis
絶滅危惧U類(VU) 体長:約140cm 翼長:約240cm
日本では北海道東部の湿原に1000羽以上、
北海道に留鳥として留まる。


和名:エゾフクロウ(蝦夷梟) (フクロウ科亜種)
英名:Ural Owl 学名:Strix uralensis japonica
体長:約50cm 翼長:約100cm
本州に住むフクロウの亜種(フクロウ目フクロウ科フクロウ(エゾフクロウ))で、
北海道に生息しているものです。
亜種はエゾフクロウ(北海道)、フクロウ(本州北部)、
モミヤマフクロウ(本州中部)、
キュウシュウフクロウ(本州南部、四国、九州)
の4亜種.

2009/2/27〜3/1まで2泊3日で道東に3人で行ってきました。
27日 東京→女満別→弟子屈→野付→羅臼
28日 羅臼→釧路→鶴居→弟子屈
29日 弟子屈→釧路湿原→弟子屈→女満別→東京
移動距離722km

ホーム